TOP > 技術力 > 金属熱処理 > 浸炭浸窒熱処理

印刷する

浸炭浸窒熱処理

浸炭浸窒熱処理技術

浸炭浸窒処理とは浸炭と浸窒を同時にあるいは連続的に行なう処理のことです。一般的には低炭素低合金鋼の様な焼入れ性の悪い材料に対して浸炭と同時にアンモニアガス等を添加して浸炭と浸窒を行い、変態点の低温化に於ける材料の焼入れ性の向上を狙いとして実施されています。
浸窒を行なうことにより浸炭だけでは硬化しない材料にも有効的に硬さを入れることが可能となります。
浸炭浸窒処理にて得られる品質の特徴としては、浸炭処理と同様に耐摩耗性、耐疲労強度が向上しさらに軟化抵抗がより向上します。
また最近では合金肌焼鋼あるいは軸受鋼に浸炭浸窒処理を行い、機械的性質向上の目的で行なわれております。

当社の特徴

基本的には当社の保有する浸炭炉(バッチ炉及びピット炉)において浸炭浸窒処理が可能な設備群になっております。
材料の低コスト化における処理技術として当社の得意とする分野として技術の蓄積があります。
雰囲気管理として酸素センサー、水素センサー及びマスフロー管理により、より精度の高い処理が可能となっております。

お問い合わせ

ページ先頭に戻る