TOP > 技術力 > 金属熱処理 > 浸炭熱処理

印刷する

浸炭熱処理

浸炭技術

浸炭熱処理技術は、鉄鋼の表面に炭素を浸入させたあとに焼入れを行う熱処理です。炭素を浸入させることにより、鋼部品の耐摩耗性、耐久性、靭性などを著しく改善することができます。
浸炭焼入れ技術は、古くは固体浸炭・液体浸炭の時代があり、現在ではガス浸炭が主流であります。さらに、真空浸炭、プラズマ浸炭などの応用技術も開発されており、現在も進化しております。
鋼部品の耐摩耗性、耐久性、靭性などの著しい改善により、自動車部品、工作機械部品、建設機械部品等の、歯車、シャフト類、しゅう動部品など多くの部位に使用され、産業の発展を支えており、さらに向上する材料熱処理技術です。

当社の特徴

当社は、創立60年を迎え、創立以来浸炭技術の向上を目指してまいりました。浸炭焼入れ加工方法の設定においては独自のソフトを用い、より精度の高い処理技術を確立しております。そのノウハウが、当社の若い技術者にも受け継がれてまいりました。
現在では、全国4工場に置いてバッチタイプ炉及びピットタイプ炉合せて60基以上を有し、幅広いスタンスで浸炭処理を行っております。さらに、低歪・低コスト等の要求を満足するために、当社独自のノウハウを生かし、材料選びや前処理法案等提案させていただき、最善の浸炭熱処理工程の設計に努めております。

お問い合わせ

ページ先頭に戻る