TOP > IR情報 > 投資家の皆さまへ

印刷する

投資家の皆さまへ

オーネックスとは

1951年創業以来熱処理専業メーカーとして蓄積された技術は浸炭熱処理を中心として真空熱処理、高周波熱処理、窒化熱処理、セラミックコーティング等、幅広い熱処理技術の総合デパートとして業界をリードしてきました。今後も「顧客第一主義」を基本に据え、技術レベルの向上を推し進め、熱処理専業の上場企業として飛躍することを目指して参ります。

新着資料を見る

オーネックスを知る

オーネックス・テクノロジー

日本の工業界を支えるオーネックス・テクノロジーをご紹介いたします。

もっと詳しく

オーネックスの技術力

長年蓄積した熱処理技術と厳格な品質管理、正確な制御技術の総合力がオーネックスの技術の強みです。

もっと詳しく

最新財務ハイライト

最新の財務ハイライトをご覧いただけます。

もっと詳しく
最新決算
最新四半期

最新業績レビュー

最新の業績レビューをご覧いただけます。

もっと詳しく
最新決算
最新四半期

コーポレート・ガバナンス

基本的な考え方・体制などについて掲載しています。

もっと詳しく

最新財務ハイライト(単体)

連結

百万円%

売上高

純資産額

経常利益

総資産額

当期純利益

自己資本比率(%)

自己資本利益率(%)

総資産利益率(%)

単体

千円
2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
売上高 4,418,121 4,628,596 4,529,747 4,701,249 5,079,453
経常利益 61,260 292,816 120,002 496,535 435,301
当期純利益 34,976 174,619 69,999 339,332 289,487
純資産額 5,005,875 5,184,494 5,177,203 5,531,863 5,776,822
総資産額 7,363,510 8,005,626 8,806,417 9,838,548 10,330,082
1株当り純資産 3,021.64 3,130.00 3,125.76 3,340.10 3,488.34
自己資本比率(%) 68.0 64.8 58.8 56.2 55.9
自己資本利益率(%) 0.70 3.43 1.35 6.34 5.12
総資産利益率(%) 0.5 2.2 0.8 3.4 2.8

最新財務ハイライト(2018年6月期)

連結

千円
2018年6月期 2017年6月期 増減
売上高 6,126,612 5,476,390 11.9%
営業利益 327,963 288,855 13.5%
経常利益 328,110 294,280 11.5%
親会社株主に帰属する当期純利益 229,896 128,618 78.7%

セグメント情報(2018年6月期)

千円
金属熱処理
加工事業
運送事業 調整額 連結財務諸表計上額
外部顧客への売上高 5,461,879 664,733   6,126,612
セグメント間の内部売上高
又は振替高
  309,434 -309,434  
5,461,879 974,167 -309,434 6,126,612
セグメント利益 269,923 45,108 12,931 327,963

最新業績レビュー

経営成績に関する分析

当連結会計年度におけるわが国経済は、雇用所得環境の改善が続く中、景気の緩やかな回復基調が続きました。しかしながら、海外経済の不確実性や為替・金融資本市場の変動影響、中東、北朝鮮等の地政学的リスクにより、先行き不透明な状況が続きました。

このような経済状況の下、当社グループは、受注活動の強化、生産性の向上、原価の低減等、収益性の向上に努めました。主力取引業界である自動車部品関連、産業工作機械関連、建設機械関連業界からの受注は、総じて堅調に推移しました。これにより、売上は前年同期と比較して増収となりました。経費面では、電力・ガス費、労務費等の製造コストが増加しましたが、経費の削減に努めたため、前年同期と比較して増益となりました。

こうした事業活動の結果、当連結会計年度の売上高は6,126百万円(前年同期比11.9%増)、営業利益は327百万円(同13.5%増)、経常利益は328百万円(同11.5%増)、親会社株主に帰属する当期純利益は229百万円(同78.7%増)となりました。

なお、セグメントの業績は次のとおりであります。

【金属熱処理加工事業(株式会社オーネックス、株式会社オーネックステックセンター)】

金属熱処理業界においては、主力取引業界である自動車部品関連、産業工作機械関連、建設機械関連業界からの受注は、いずれも増加しました。また、㈱オーネックステックセンターの売上も増加し、売上は前年同期と比較して増収となりました。

 一方、電力・ガス費、労務費等が増加しましたが、生産性の向上及び経費削減に取り組み収益確保に努めたため、セグメント利益は増益となりました。

これらの結果、売上高は5,461百万円(同12.0%増)、セグメント利益は269百万円(同16.0%増)となりました。

【運送事業(株式会社オーネックスライン)】

運送事業につきましては、三重営業所の開設に伴う売上増加、機械などの重量物の搬送取り扱いが安定していたため、売上は増加しました。また、傭車(外注)便を活用すると共に、運行管理の徹底、配車の効率化及びエコドライブによる燃費の削減などに努めたため、セグメント利益は増加しました。

これらの結果、売上高は664百万円(同10.5%増)、セグメント利益は45百万円(同114.3%増)となりました。

次期の見通し

今後の経済見通しにつきましては、各種政策の効果から、緩やかな回復基調が続くことが期待されますが、為替、原油価格の動向、米国や資源国等の景気動向など海外経済の不確実性の高まりや金融資本市場の変動影響に留意する必要があります。

このような状況の下、金属熱処理業界での再編やメーカーの熱処理外製化の動きに伴う需要増が期待されますので、近畿・東海エリアをカバーする㈱オーネックステックセンター(亀山市)を拡充、事業拠点ネットワークを最大限に活用し、取引先のニーズに一層迅速に対応できる体制を構築してまいります。こうした顧客基盤の拡大と共に生産体制の合理化等効率化を推進いたします。

また、エネルギーコストの上昇、人手不足による労務費の上昇に対応するため製造原価・経費の低減を図り、収益力の向上に努めてまいります。加えて、本社機能移転による知名度向上効果を活用した人材獲得に努めてまいります。

金属熱処理業界においては、主要取引先業種である自動車部品関連、産業工作機械関連ではロボット関連部品等の受注が次期においても堅調に推移する見込みであり、売上増加を見込んでおります。

当社グループの次期の連結業績見通しは、売上高6,800百万円(前年同期比11.0%増)、営業利益340百万円(同3.7%増)、経常利益360百万円(同9.7%増)、親会社株主に帰属する当期純利益200百万円(同13.0%減)を予想しております。

ページ先頭に戻る